イギリスがスタジアム入場規制を緩和 FAカップ準決勝レスターvsサウサンプトンで地元住民4000人動員へ

 4月18日にウェンブリー・スタジアムで行われるレスター・シティとサウサンプトンの一戦は、4000人のサポーター動員が許可された。

FAカップ準決勝組み合わせが決定 チェルシーがマンCと、南野所属のサウサンプトンはレスターと激突!

 今試合はコロナウイルスのロックダウン緩和に伴い、テストイベントとして試験的にサポーターを導入。レスターやサウサンプトンのファンではなく、地元サポーターのみスタジアム入りが許可されている。イングランドでは昨年12月からスポーツ会場にファンが出来なくなっており、ボリス・ジョンソン首相は段階的に規制を緩和していく方針を発表。今週初めにはアウトドアスポーツが再開され、早ければ5月17日にスタジアムの収容率25%、最大で1万人の観客動員が可能となる。6月11日には全ての制限が解除され、7月11日にはウェンブリーで開催予定のEURO2020決勝でより多くのサポーター入場を目指す。

Photo Pool
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる