T・シウバ退場で守備崩壊…チェルシーが衝撃の5失点でトゥヘル体制ホーム初黒星

 プレミアリーグ第30節が3日に開催し、チェルシーが本拠地スタンフォード・ブリッジにWBAを迎えた。

マンCがレスターと上位対決!トゥヘル・チェルシーはホームで未だ無失点! 〜第30節プレビュー〜

 トーマス・トゥヘル監督就任から未だ無失点無敗のチェルシー。今試合では27分にマルコス・アロンソがFKから直接シュートを放つと、こぼれ球をクリスティアン・プリシッチが押し込み先取点を奪う。しかし2分後、チアゴ・シウバが2枚目のイエローカードで退場処分となり一気に劣勢に。すると前半アディショナルタイムにマテウス・ペレイラに立て続けに決められ、トゥヘル体制の無失点記録がついに崩れる。

決定機で盛大にミスったヴェルナー…大金星の北マケドニアが“名誉市民”に?

 守備の要を失い立て直しに手こずるチェルシーは、襲いかかるWBAの猛攻を止められず、63分から5分間で2失点を喫する。71分にはティモ・ヴェルナーのラストパスから途中出場メイソン・マウントが1点を返すものの、試合終了間際にゴールを許してしまい万事休す。ホームで鉄壁を誇ったトゥヘル・チェルシーが衝撃の5失点で、リーグ11試合ぶりの黒星となった。

Photo Clive Rose
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる