副審がハーランドにサインを懇願!グアルディオラが珍事に困惑「今まで見たことないが…」

マンチェスター・シティはアーリング・ハーランドと契約を求めているが、先にサインをもらったのは審判の方だった。

フォデンが値千金の決勝弾!マンC、劇的展開でドルトムントに初戦白星

 UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝でマンCとボルシア・ドルトムントが激突し、シチズンズが本拠地エティハド・スタジアムで2-1の勝利を収めた。ハーランドはマルコ・ロイスの同点弾をアシストするなど存在感を示したが、試合終了直後ピッチからドレッシングルームに戻るトンネルで、ラインズマンを担当したオクタビアン・ソブレ氏がハーランドにサインを懇願。ポケットにしまっていたイエローカードとレッドカードにハーランドがサインしている様子がカメラに映し出されていた。

ドルトムントとの激闘を制したマンC グアルディオラは先勝に安堵「重いプレッシャーがのしかかっていた」

https://twitter.com/RobHarris/status/1379549807916748802

 トンネルで起きた出来事に、今試合の解説を担当していたオーウェン・ハーグリーヴスは「あれはやってはいけない事だ」と厳しい指摘。現役時代マンCで活躍したジョリオン・レスコットは、「あのような事が起きるタイミングは決してない。正しい事ではないし、審判や組織にとってもよくない」と苦言を呈した。一方でジョゼップ・グアルディオラ監督も困惑していたようで、「今まで見たことなかったけど起きてしまったことだ」と語った。

Photo Michael Regan
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる