大迫が今シーズン公式戦初ゴール!ブレーメンが完封勝利でポカール準決勝進出!

 8日にDFBポカール準々決勝が実施され、大迫勇也が所属するヴェルダー・ブレーメンが2部ヤーン・レーゲンスブルクの敵地に乗り込んだ。

日本代表が歴史的ゴールショー!最多記録更新の14得点でモンゴルに完全勝利!

 バイエルン・ミュンヘンやアイントラハト・フランクフルトが早期敗退を喫し、例年にも増して激しい優勝争いを繰り広げているポカール。2008-09シーズン以来のタイトル獲得を狙うブレーメンは、大迫が3ヶ月ぶりのスタメン出場を果たした。1部の意地を見せたいブレーメンはミドルシュートを織り交ぜた積極果敢な攻撃で、得点の匂いを漂わせる。

バイエルン破り快進撃続ける2部キールがベスト4進出!ライプツィヒはヴォルフスブルクに2発快勝

 すると後半開始間もない52分、マルコ・フリードルがディフェンスラインの背後にロングパスを供給。大迫が後ろからのボールを巧みな胸トラップでコントロールし、ゴール左に今シーズン公式戦初ゴールを沈める。その後はレーゲンスブルクの反撃を抑え、ブレーメンが虎の子の1点を守り切りタイムアップ。完封勝利を果たしたブレーメンが、RBライプツィヒが待つベスト4にコマを進めた。

Photo Daniel Kopatsch
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる