ベティス戦負傷交代のJ・フェリックスは軽傷の見込み…最短復帰は岡崎所属ウエスカ戦か

 アトレティコ・マドリードのジョアン・フェリックスは、今月中に負傷から復帰する事が濃厚なようだ。

シーズン終盤に離脱者続出のアトレティコ…シメオネは固い意志を貫く「抵抗していく。今の社会と同じように」

 J・フェリックスはラ・リーガ第30節レアル・ベティスに出場すると、前半終了間際に足首を負傷。後半開始時はピッチに立つも、すぐにルーカス・トレイラと交代となった。メディカルチェックの結果、日曜に開催されるエイバル戦は間に合わないものの、医療スタッフは岡崎慎司が所属する22日ウエスカ戦で復帰する可能性を示唆。幸いにも今シーズン絶望の大ケガとはならなかったようだ。J・フェリックスは大事には至らなかったアトレティコだったが、未だ問題は山積み。チームトップスコアラーのルイス・スアレスが離脱し、優勝争いが佳境に入るなか攻撃の再構築が求めれている。

Photo Quality Sport Images
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる