勝ち抜くにはアウェイゴール必須のアーセナル…敵地先勝のマンUはベスト4進出に視界良好 ~EL準々決勝2ndレグプレビュー~

 ホームで勝ち切れず、勝ち抜くためにはアウェイゴール必須となったアーセナル。一方、敵地で先勝したマンチェスター・ユナイテッドはベスト4進出に視界良好だ。

アーセナルが後半ATに追い付かれ痛恨のドロー… ローマは難敵アヤックスに劇的な逆転勝利

スラビア・プラハ vs アーセナル
 アーセナルが、欧州の大会のノックアウトラウンドで1stレグを引き分けたのは過去8回あり、うち4度次ラウンド突破を決めている。またアーセナルはヨーロッパの舞台で直近7試合クリーンシートがなく、2017年9月以来最も長い。今回も失点を喫すれば2002年3月に続いた15戦連続ぶりとなる。一方で二コラ・ペペは今シーズンのELで7得点に関与しており、これより多いのはASローマのボルハ・マジョラルだけだ(9ゴール関与)。

マンUがラッシュフォード&B・フェルナンデス弾で2発白星!ビジャレアルは完封勝利でベスト4に前進

マンチェスター・ユナイテッド vs グラナダ
 ヨーロッパの大会でアウェイの1stレグを勝利したことが21回あるマンUは、必ず次ラウンド進出を果たしている。またELが現在のフォーマットになってから1stレグで2得点以上挙げて敗れたカードは、2013-14シーズンのセビージャ対レアル・ベティスだけだ。好調マーカス・ラッシュフォードは今季ヨーロッパの舞台で10戦8得点を決めており、マンU史上クリスティアーノ・ロナウド(8点)やルート・ファン・ニステルローイ(12点)に次いで多い。

 Photo Julian Finney
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる