リーグ王座防衛、4度目のCL制覇…ジダンが挑戦する3つの偉業

ジダンが今季狙う3つの挑戦

 レアル・マドリードの監督が評価されるのはUEFAチャンピオンズリーグを制する事であり、それはクラブのDNAの一部。これまで13回CLを制覇してきたが、ラ・リーガとの2冠は苦労してきた歴史があり、ジネディーヌ・ジダン監督はそれを成し遂げた3人の指揮官の一人だ。今シーズンのジダンは信じられないような3つの挑戦に臨んでいる。

“アンフィールドの奇跡”叶わず…リバプール、スコアレスドローでCLベスト8敗退

ラ・リーガとチャンピオンズリーグの2冠
 ロス・ブランコが同じシーズンに両タイトルを獲得したのは、初めて達成した1956-57シーズン、その翌年の1957-58シーズン、そして半世紀以上の時を経てジダンが成し遂げた2016-17シーズンだけだ。ジダン・レアルは今シーズンCLで準決勝に進出し国内リーグタイトルとの2冠の可能性を残しており、再び成し遂げればクラブの歴史に名を刻む事となる。

4度目のチャンピオンズリーグ制覇
 レアルが14回目のCL制覇を成し遂げるにはあと3回勝利が必要で、ジダン政権では4度目の戴冠となる。ボブ・ペイズリーやカルロ・アンチェロッティが3回で並んでいるが、他にこの偉業を達成した人物はいない。準決勝では、昨シーズン決勝まで進出したトーマス・トゥヘル監督が率いるチェルシーと対戦する。

ラ・リーガ防衛
 ジダンにとって不可能と思われているのが、ラ・リーガ連覇だ。アトレティコ・マドリードとの勝ち点差は1で一時は王座を明け渡すかに見えたが、再び優勝争いに舞い戻っている。近年ではジョゼ・モウリーニョやアンチェロッティがリーグ優勝を果たしたものの、翌年は悲惨なシーズンを過ごしていた。

Photo Matthias Hangst
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる