アトレティコが5発大勝で首位キープ!レアルは久保出番なしのヘタフェとスコアレス

 18日にラ・リーガ第33節が開催され、アトレティコ・マドリードが乾貴士と武藤嘉紀のエイバルと対戦。レアル・マドリードが久保建英のヘタフェとの一戦に臨んだ。

シーズン終盤に離脱者続出のアトレティコ…シメオネは固い意志を貫く「抵抗していく。今の社会と同じように」

アトレティコ・マドリード vs エイバル
 首位と最下位による対決は、42分にアンヘル・コレアがCKの流れから先制点を奪うと、2分後には再びコレアがネットを揺らしドブレーテ(1試合2得点)を達成する。後半に入るとアトレティコはさらにギアを上げ、49分にヤニック・カラスコが追加点をゲット。さらにマルコス・ジョレンテがドブレーテを成し遂げ、アトレティコがうっ憤晴らす大量5ゴールで首位をキープした。

リーグ王座防衛、4度目のCL制覇…ジダンが挑戦する3つの偉業

ヘタフェ vs レアル・マドリード
 カリム・ベンゼマとトニ・クロースが軽傷、フェデリコ・バルベルデが濃厚接触者の疑いで離脱となり、未だかつてないほど欠場者を抱えるレアル。今試合ではインテンシティを保つのがやっとで、ヘタフェにポスト直撃のシュートを受けるなど押し込まれる場面が目立つ。後半にベンゼマを投入するも状況は好転せず、スコアレスドローに終わり首位アトレティコと3ポイント差に開いた。

Photo Quality Sport Images
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる