G・ネビルが欧州スーパーリーグ創設に怒り心頭!ファーガソンは警鐘鳴らす「70年の歴史が終わる」

 マンチェスター・ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソンは、欧州スーパーリーグに言及した。

欧州スーパーリーグ創設が正式発表!プレミア“ビッグ6”ら12クラブが合意

 欧州スーパーリーグはUEFAチャンピオンズリーグに対抗するものとして提唱され、ヨーロッパの20クラブで2グループに分かれて争う方針。マンUを含めたプレミアリーグ“ビッグ6”が参加に合意し実現すればヨーロッパサッカー界に大きな影響を与える中、ファーガソンはファンはCLを愛しておりサッカー史から遠ざかっていると警鐘を鳴らした。

「マンUでCL決勝を4度戦ったが、いつだって特別な夜だった。スーパーリーグは70年にわたる欧州サッカー史を終わらせるものだ。60年代に選手としてプレーしていた時も、アバディーンでカップウィナーズカップを制覇した時も、スコットランドの小さな地方クラブにとってはエベレストを登るようなものだった。マンUがどこまで関与しているかは、このプロセスに参加していないから分からない」。

賛否両論の“ヨーロッパ・プレミアリーグ”…レアル会長は全面的な支持を表明「新しい時代の幕開け」

 また元マンUのギャリー・ネビル氏は、『Skysports』でバーンリー戦の解説を中断する程スーパーリーグ構想に激怒。古巣をはじめ合意した“ビッグ6”を批判した。「コロナウイルスで経済危機の最中、こんな提案を持ち出すなんて絶対にスキャンダルだと思う。マンUをはじめ、プレミアの他のクラブに反して署名した“ビッグ6”は恥を知るべきだ。試合に集中できない…。6チームは全員減点すべきだ!」。

Photo Max Mumby/Indigo
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる