ベンゼマが2G1Aの圧巻パフォ!レアルが3発快勝で暫定首位に浮上!

 ラ・リーガ第31節が21日に行われ、レアル・マドリードが敵地エスタディオ・ラモン・デ・カランサでカディスとの一戦に臨んだ。

リーグ王座防衛、4度目のCL制覇…ジダンが挑戦する3つの偉業

 欧州スーパーリーグ発足宣言により、クラブ内外で大きな波紋を呼んでいるレアル。チームの屋台骨だった中盤にもついに離脱者が現れる中、カディス相手に少ないチャンスをモノにする。ヴィニシウス・ジュニオールがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。カリム・ベンゼマが沈め、レアルが30分に先取点をゲットする。

ペレス会長が公の場に登場! ESL開催を改めて主張「サッカーを救うため創設した」

 さらにレアルは先制から3分後、ベンゼマがペナルティエリア左からふわりとしたクロスを供給。アルバロ・オドリオソラが頭で合わせ、レアルが瞬く間にリードを広げる。止まらないレアルは40分に、カゼミーロがペナルティエリア内から浮き球のパスを送ると、ベンゼマがヘディング弾を決めドブレーテ(1試合2得点)を達成。カディスを寄せ付けなかったレアルが3発快勝で、暫定首位に浮上した。

Photo Fran Santiago
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる