ドルトムントが2発快勝でCL出場に望み 大迫出番なしのブレーメンはシーズン終盤に6連敗…

 ブンデスリーガ第30節が21日に行われ、ボルシア・ドルトムントが遠藤渓太のウニオン・ベルリンと対決。大迫勇也が所属するヴェルダー・ブレーメンがマインツをホームに迎えた。

ハーランドがドッペルパックでブンデス23得点!ドルトムントが大迫先発のブレーメンに4発逆転勝利!

ボルシア・ドルトムント vs ウニオン・ベルリン
 トップ4フィニッシュに向け負けられない戦いが続くドルトムントは、27分にPKを獲得するとアーリング・ハーランドがシュートを放つ。GKに阻まれるも、こぼれ球をマルコ・ロイスが押し込み先制点をもぎ取る。ウニオン・ベルリンの反撃を寸前で食い止めるドルトムントは、88分にラファエル・ゲレイロがダメ押し弾を挙げ、2発快勝でリーグ3連勝を果たした。

大迫が今シーズン公式戦初ゴール!ブレーメンが完封勝利でDFBポカール準決勝進出!

ヴェルダー・ブレーメン vs マインツ
 大迫がベンチスタートとなったブレーメンは、16分にミロス・ベリコビッチが足を滑らせスペースを与えてしまうと、最後はアダム・サライに決められ先制点を許してしまう。反撃に転じるブレーメンは一度ネットを揺らすものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で直前にファウルがあったとしゴールは取り消しに。0-1で黒星を喫したブレーメンが、シーズン終盤に6連敗となった。

Photo Pool
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる