降格決定にシャルケファンが暴徒化 スタジアム前で選手やスタッフを襲撃

 シャルケは、21日の早朝にスタジアム前で選手やスタッフを襲撃したサポーターを非難した。

バイエルンが2発快勝で独走態勢に!堂安&奥川スタメンのビーレフェルトは貴重な白星

 ブンデスリーガ第30節で堂安律と奥川雅也が所属するアルミニア・ビーレフェルトと対戦したシャルケは、最後までゴールを奪えず0-1で敗戦。33年ぶりに2部降格が決定した。試合後シャルケは本拠地フェルティンス・アレーナに帰還すると、降格に激怒した数百人のサポーターが押し寄せる。暴徒化した一部のファンが選手やスタッフに卵を投げつけ、さらに照明弾や花火も打ち上げられる事態となった。シャルケは降格に対するファンの怒りを認めつつも、襲撃は限度を超えたと批判している。

シャルケにレンタル中のコラシナツ 降格でもクラブ残留を熱望「給料半分でも構わない」

「水曜の早朝、ビーレフェルト戦から戻ってきた選手たちと一部のファングループで短いやり取りがあった。その過程で正体不明の何人かが、譲れない境界線を超えてしまった。2部降格に対する不満や怒りを理解できるが、クラブとしては選手やスタッフを危険に晒すのは許されない。クラブはこのような行為を強く非難し、スタッフや選手を支持する。この事件が終息するまで、これ以上コメントはしない」。

 Photo Frederic Scheidemann
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる