主力選手が続々復帰するも…苦戦したレアルがベティスとスコアレス

 24日にラ・リーガ第32節が行われ、レアル・マドリードがホームにレアル・ベティスを迎えた。

ESL騒動はオイルマネーのせい?ラ・リーガ会長がマンCやPSGを非難「国有クラブは規制されるべき」

 シーズン終盤に差し掛かり、より一層激しい優勝争いを演じるレアル。今試合では、ダニエル・カルバハルやルカ・モドリッチなど負傷していた主力選手がスタメンに名を連ねた。主導権を握るレアルは復帰したカルバハルが積極的にオーバーラップを仕掛け右サイドが活性化。雨が降り注ぐ本拠地エスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノで多くのチャンスを創出する。

参加クラブ続々撤退で事実上崩壊のESL…ペレス会長は落胆隠せず「説明不足でがっかりしている」

 流れがある内にゴールが欲しいレアルは後半に入って攻撃の勢いが増し、ロドリゴのクロスがクロスバーに直撃するなど得点の匂いを漂わす。77分にはケガから回復したエデン・アザールが途中出場を果たし、前線で攻撃のバリエーションが増える。しかし焦りからかフィニッシュの場面で精度を欠き、スコアレスでタイムアップ。レアルが勝ち点を取りこぼし、首位アトレティコ・マドリードとポイント差が広がる可能性が浮上した。

Photo Quality Sport Images
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる