ハーランド2発でドルトムントが快勝!フランクフルト敗北でCL出場争いはより熾烈に

 24日にブンデスリーガ第31節が開催し、ボルシア・ドルトムントがヴォルフスブルクと激突。長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトはバイエル・レバークーゼンとの上位対決に挑んだ。

ドルトムントが2発快勝でCL出場に望み 大迫出番なしのブレーメンはシーズン終盤に6連敗…

ヴォルフスブルク vs ボルシア・ドルトムント
 CL出場権を目指すドルトムントは、12分にバックパスを奪ったアーリング・ハーランドが先制点をゲットする。59分にジュード・べリンガムが2枚目のイエローカードで退場となるものの、68分にハーランドがドッペルパック(1試合2得点)を達成。数的不利を跳ね除けたドルトムントが、2発白星でブンデス4連勝を成し遂げた。

鎌田が先制点アシスト!フランクフルトが2発快勝でCL出場権獲得に前進

バイエル・レバークーゼン vs アイントラハト・フランクフルト
 長谷部と鎌田がスタメンに名を連ねたフランクフルトは長い時間スコアレスが続いた70分、レオン・ベイリーに決められレバークーゼンに先制点を献上。80分には長い距離を走ってきたルーカス・アラリオに追加点を許してしまう。後半アディショナルタイムにアンドレ・シウバが1点を返すものの、直後にダメ押し弾を喫して万事休す。フランクフルトが1-3で敗れ、5位ドルトムントに1ポイント差に詰め寄られた。

Photo Pool
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる