マンUがスコアレスドローで連勝ストップ…WBAは土壇場で追い付かれ降格近づく

 プレミアリーグ第33節が25日に開催し、マンチェスター・ユナイテッドがリーズ・ユナイテッドの敵地に乗り込む。WBAはアストン・ビラとの一戦に臨んだ。

チェルシーがCL出場権懸け上位対決!マンUはPL18年ぶりにリーズとアウェイ戦 〜第33節プレビュー〜

リーズ・ユナイテッド vs マンチェスター・ユナイテッド
 公式戦5連勝で好調を維持するマンUは、ブルーノ・フェルナンデスやマーカス・ラッシュフォードを中心にチャンスを創出。積極的にシュートを放ちリーズに襲いかかる。クラブ史上10代最多得点記録タイの通算15ゴールを挙げたメイソン・グリーンウッドがゴールに迫るも、最後までリーズの牙城を崩せずタイムアップ。約1ヶ月半ぶりのスコアレスで、リーズとドローに終わった。

オーナー退任求めマンUファンが練習場に押し寄せ抗議 スールシャール監督が説得する事態に発展

アストン・ビラ vs WBA
 残留争いに向け勝利が欲しいWBAは、開始早々9分にPKで先制弾を喫してしまう。それでも23分にマテウス・ペレイラがPKを沈め同点に追いつくと、後半開始間もない47分にはタイロン・ミングスのOGを誘発し逆転に成功する。このまま勝利かに見えた後半アディショナルタイム、途中出場キーナン・デイビスに痛恨の同点弾を献上。WBAが劇的ドローで勝ち点3を逃した。

Photo Laurence Griffiths
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる