ライプツィヒ、2発快勝でバイエルン今節優勝を阻止 堂安&奥川先発のビーレフェルトは屈辱の5発大敗…

 25日にブンデスリーガ第31節が行われ、RBライプツィヒが遠藤航が所属するシュツットガルトと激突。堂安律と奥川雅也のアルミニア・ビーレフェルトはボルシア・メンヒェングラードバッハとの一戦に臨んだ。

鎌田が先制点アシスト!フランクフルトが2発快勝でCL出場権獲得に前進

RBライプツィヒ vs シュツットガルト
 負ければバイエルン・ミュンヘンの優勝が決まるライプツィヒは、14分にシュツットガルトが退場者を出し数的優位に。すると後半開始早々46分にアマドゥ・ハイダラがフィジカルを活かしたヘディングシュートを決め先制点をゲット。67分には、エミル・フォシュベリがPK弾を沈めて勝負あり。ライプツィヒが2発快勝でバイエルンの今節優勝を阻止した。

バイエルンが2発快勝で独走態勢に!堂安&奥川スタメンのビーレフェルトは貴重な白星

ボルシア・メンヒェングラードバッハ vs アルミニア・ビーレフェルト
 堂安と奥川がスタメンに名を連ねたビーレフェルトは、開始早々6分にいきなり先制点を献上。15分にマルクス・テュラムに失点を喫すると、3分後にはラミ・ベンセバイニにPK弾を決めらてしまう。後半に入っても状況は変わらず、ティラムにドッペルパック(1試合2得点)を達成され、終盤にダメ押し弾を与えて万事休す。屈辱の5発大敗で、残留に予断の許さない状況が続く。

Photo Boris Streubel
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる