古巣チェルシー戦に臨んだアザール 「今はレアルの選手。相手が誰でもただ勝ちたい」

 レアル・マドリードのエデン・アザールは、シーズン終盤までケガなく良いコンディションを維持したいと語った。

大雨のビッグマッチはハイレベルな攻防に!レアル、ベンゼマ弾でチェルシーと痛み分けのドロー

 2019年夏にチェルシーから移籍金1億ユーロ(約124億円)でレアルに加入したアザールは、スペインでの生活に苦しみケガで10回以上の離脱を経験。先週のレアル・ベティス戦で復帰を果たし、UEFAチャンピオンズリーグでチェルシーとの古巣対決に臨みことができた。試合後『BT sport』のインタビューに応じたアザールは、シーズン終了までケガなくプレーしたいと語った。

【ラ・リーガ】アザールは“サボり魔”⁉ 元チェルシーMFが実態を明かす「突っ立って練習が終わるのを待っていた」

「もっと良くなりたいと思っている。前の試合では15分だけだったけど、今日はそれ以上プレーできたね。シーズン終了までにいくつか良い試合がある。そのために準備していきたい。気分は良くなっているし、プレーできて嬉しいよ。友人と対戦するはいつでも良いものだ。でも今の僕はレアルの選手だから、相手がチェルシーだろうと誰だろうと関係なく、とにかく勝ちたいんだ」。

Photo Denis Doyle
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる