スールシャールがローマ戦2G2Aのカバーニを称賛!残留に向け説得を誓う「もう1年いて欲しい」

 マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、エディンソン・カバーニに残留説得を試みるようだ。

マンUが後半に怒涛のゴールラッシュ!大量6発でローマに逆転勝利!

 カバーニはUEFAヨーロッパリーグ準決勝ASローマ戦に出場すると、2ゴール2アシストで6発逆転勝利に大きく貢献。5月にポーランドのグダニスクで行われる決勝戦に一歩前進した。試合後スールシャール監督は「突破したいを思っている」と語り、多くの得点に絡んだカバーニを称賛した。

カバーニが今夏ボカ移籍か マンU元同僚が示唆「アルゼンチンでの生活を聞かれた」

「エディンソンは素晴らしかった。前にも言ったが、彼はセンターフォワードのあるべき姿でプレーし、他の選手にチャンスを与えゴールを決めた。彼にはとても満足しているよ。自分の経験を示し、ステップアップを望んでいた私たちの期待に応えてくれた。彼は私の気持ちを知っているし、もう1年いたいと話した。この様な夜は残留の助けになり、もう1年ここいてくれると願っている」。

Photo Matthew Ashton – AMA
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる