エースKOでレッズ完敗 途中出場の秋山は1打数0安打

【レッズ2-9インディアンス】@プログレッシブ・フィールド

 レッズは先発のルイス・カスティーヨが2回までに2点を失い、4回裏にはオースティン・ヘッジスのタイムリーとセザー・ヘルナンデスの3点タイムリー三塁打で4点を追加されて4回5安打6失点(自責点4)でノックアウト。3番手のライアン・ヘンドリックスも6回裏に3点を奪われ、インディアンスに2対9で完敗を喫した。勝利したインディアンスは11安打9得点と打線が機能。先発のアーロン・シバーリは7回5安打1失点の好投で開幕から無傷の5連勝となった。

 インディアンスは初回にエディ・ロサリオのタイムリー二塁打で先制し、2回裏にはアンドレス・ヒメネスの犠飛で2点目。3回表にマイク・ムスターカスの犠飛で1点を返されたが、4回裏に4点を奪い、リードを5点に広げた。6回裏には3番手のヘンドリックスを攻め、ホゼ・ラミレスの2点タイムリー二塁打とフランミル・レイエスのタイムリーで3点を追加。3番手のニック・ウィットグレンが9回表にタイラー・ネークインの7号ソロで1点を失ったが、9対2で快勝を収めた。

 前日の試合で戦列復帰を果たしたレッズの秋山翔吾はスタメンから外れてベンチスタートとなり、大差がついた7回裏の守備からニック・カステヤーノスに代わって右翼に入った。8回表無死1塁の場面で回ってきた打席ではファーストゴロに倒れ、1打数0安打。今季初安打はまたしてもお預けとなり、今季の成績は4打数0安打(打率.000)となった。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる