ネイマールPK弾で先制するも…PSGが痛恨ドローで首位リールと勝ち点差開く

 9日にリーグ・アン第36節が実施され、パリ・サンジェルマンが敵地でレンヌとの一戦に臨んだ。

ネイマールの去就がついに決着!PSGと2025年まで契約延長「CL制覇の夢を成し遂げたい」

 首位リールと勝ち点差1と激しい優勝争いを演じるPSG。今試合ではキリアン・エムバペやマルコ・ヴェッラッティを欠く中、先日2025年まで契約延長を締結したネイマールを中心にレンヌを攻め込む。すると前半アディショナルタイムに、レーバン・クルザワがペナルティエリア内でファウルを受けPKを獲得。ネイマールが落ち着いて沈め、PSGが先制に成功する。

エムバペ去就が不透明のPSG…プランBでサラー獲得を検討

 後半に入り点差を広げたいPSGだったが、レンヌの猛反撃に遭う。すると70分にCKからセール・ギラシにヘディングシュートを叩き込まれ、手痛い同点弾を喫する。さらにPSGの不運が続き、87分に危険なタックルを仕掛けたプレスネル・キンペンべが一発退場に。防戦一方で辛くも1-1のドローに終わり、今節勝利した首位リールと3ポイント差に開いた。

 Photo Baptiste Fernandez
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる