イギリスのスポーツ会場で無観客解除!リバプールはホーム最終戦でサポーター1万人動員へ

 イギリス全土のスポーツ会場で17日から無観客解除をアナウンスし、プレミアリーグでサポーター動員が可能となった。

イギリス政府がトルコをレッドリストに指定 CL決勝を聖地ウェンブリーに変更か

 ボリス・ジョンソン英首相は10日に、2月から示していたコロナウイルス回復ロードマップが順調に進んでいることを示し、計画の第3段階に入ったと言及。予定していた通り、17日にから収容人数の規制の下イギリス全土のスポーツ会場で無観客解除を伝えた。これによりリバプールはプレミアリーグ最終節クリスタル・パレス戦で、本拠地アンフィールドに1万人のサポーターを動員すると発表。エバートンも19日開催ホーム最終戦のウォルバーハンプトンとの試合で、グディソン・パークに6500人が入場できるとアナウンスした。アウェイサポーターこそ入場できないものの、今シーズン終了間際にファンがスタジアムに帰って来れそうだ。

Photo Christopher Furlong
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる