バルセロナがまたも首位浮上ならず…土壇場でレバンテに追いつかれ手痛いドロー

 11日にラ・リーガ第36節が開催され、バルセロナがレバンテの敵地シウタート・デ・バレンシアに乗り込んだ。

ピケ、PK判定に抗議するジダンに皮肉ツイート「話せば互いに理解できる」

 前節の天王山で引き分け、首位浮上のチャンスを逃したバルサ。14位レバンテとの今試合では、勝利を目指し猛攻を仕掛ける。25分にジョルディ・アルバが左サイドからクロスを送ると、DFに当たったボールにリオネル・メッシが反応。左足で沈め先制に成功する。34分にはウスマンヌ・デンベレのお膳立てからぺドリが押し込み、バルサが2点リードを得て試合を折り返す。

バルセロナの首位浮上ならず…アトレティコの牙城崩せずスコアレスドロー

 楽勝ムードのバルサだったが、後半に入り状況が一変する。57分にゴンサロ・メレロに1点を返されると、2分後にはホセ・ルイス・モラレスのゴラッソでスコアがタイに。64分にデンベレが右足を振り抜き勝ち越し弾を挙げるものの、83分に途中出場セルヒオ・レオンに痛恨の失点。土壇場で追い付かれたバルサが3-3のドローに終わり、またも首位浮上のチャンスを逃した。

Photo Alex Caparros
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる