レバンテ戦ドローで優勝遠のくバルセロナ…クーマン監督は解任の可能性を認める「後半の出来を見れば…」

 バルセロナのロナルド・クーマン監督は、レバンテ戦で勝利を逃し自身の去就が危ぶまれていると認めた。

バルセロナがまたも首位浮上ならず…土壇場でレバンテに追いつかれ手痛いドロー

 11日にラ・リーガ第36節で14位レバンテと対戦したバルサは2点リードで試合を折り返すものの、後半に入り立て続けに失点。ウスマン・デンベレが勝ち越し弾を挙げるが、終盤に追い付かれ最終スコア3-3でドローに終わった。首位浮上のチャンスを逃したバルサはリーガ制覇が難しい状況となり、試合後クーマン監督は自身の将来に言及している。

バルセロナが首位浮上を逃す…アトレティコの牙城崩せずスコアレスドロー

「監督は常に去就について質問される。この試合の後半を見れば、その質問も理解できるよ。私たちは失望しているし、何が起こったのか疑問に思っている。監督して常に責任はある。ハーフタイムには守備を改善しインテンシティを落とさないようにと話した。希望はあったし2点リードから引き分けになるとは思ってなかった。残りの試合全てに勝って他のチームがポイントを失うのを期待していたが、今となってはそれも難しい」。

Photo Quality Sport Images
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる