レアル、バルサ、ユーベ、ESL構想から撤退しない場合2シーズンCL出場禁止に

 レアル・マドリード、バルセロナ、ユベントスは、欧州スーパーリーグ(ESL)から撤退してUEFAと和解しなければ、2シーズンのチャンピオンズリーグ出場禁止処分を受けるようだ。

ユベントスがセリエAから追放⁉︎ 伊連盟会長が警告「もしESLから撤退しなければ…」

 3クラブはESL創設を表明してから未だ離脱を表明しておらず、UEFAは懲戒調査を開始。9クラブと結んだ「クラブ・コミットメント宣言」にサインしてESL構想から撤退しなかった場合、UEFAは厳重な処分を下す方針だと声明で発表した。「この問題はUEFAの管轄する規律機関に委ねられる。ESL放棄を拒否しているクラブに対して、適切と思われる措置を講じる権利を有している。

UEFAがESLから撤退した9クラブの処分を発表…計20億の寄付や収益5%カットに

 一方で3クラブは先週に、ESLを放棄しろと耐え難い圧力や脅迫を受けたと反論し、構想を持続すると主張した。「ESL創設クラブは、この構想を放棄しろと第三者から容認できない圧力や脅迫を受けた。そして現在も続いている。これは法の支配の下では耐えられないことで、裁判ではすでにESLの提案を支持する判決が下された。だから裁判の手続きが行われている間は、直接または関連団体を通じてこの構想の妨げとなるような行動を一切取らないよう命じられているはずだ」。

Photo Visionhaus
編集部 N