レッズの追い上げ及ばず 途中出場の秋山は4打数1安打

【レッズ8-13ロッキーズ】@クアーズ・フィールド

 レッズは10点ビハインドで迎えた8回表に打者11人の猛攻で8点を奪い、2点差に詰め寄ったものの、その裏に5番手のシオネル・ペレスが3失点。9回表は無得点に終わり、追い上げ及ばず8対13で敗れた。レッズ先発のルイス・カスティーヨは4回途中10安打8失点とめった打ちを喰らい、今季5敗目(1勝)。防御率は7.71へ悪化し、エースらしからぬ冴えないピッチングが続いている。

 ロッキーズは初回にコナー・ジョーのタイムリー二塁打とジョシュ・フエンテスの4号2ランで3点を先制。4回裏には打者10人を送り込んで5点を追加し、カスティーヨをノックアウトした。2点差に迫られた直後の8回裏にはヨナサン・ダーザのタイムリー二塁打、アラン・トレイホの犠飛、ギャレット・ハンプソンの4号ソロで3点を追加。7回4安打無失点の好投を見せた先発のチチ・ゴンザレスは今季2勝目(1敗)をマークした。

 レッズの秋山翔吾は「1番・センター」のニック・センゼルが左足のかかとを痛めたため、3回表一死1塁の場面で代打で登場。セカンドゴロに倒れ、そのままセンターの守備に就いた。6回表の第2打席はサードゴロに倒れたが、打者一巡の猛攻となった8回表にレフトへのヒットを放ち、今季初安打を記録。9回表の第4打席は初球を打ってファーストゴロに終わり、4打数1安打で今季の打率は.083(12打数1安打)となった。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる