バルセロナが逆転負けで優勝戦線から脱落…タイトル争いはマドリード勢の一騎討ちに

 16日にラ・リーガ第37節が実施され、バルセロナがセルタ・ビーゴと対決。レアル・マドリードがアスレティック・ビルバオの敵地に乗り込んだ。

アグエロのバルセロナ加入が決定的に CL決勝後に正式発表へ

バルセロナ vs セルタ・ビーゴ
 奇跡の優勝には残り試合全勝が必須となったバルサは、28分にセルヒオ・ブスケッツが浮き球のパスを供給。リオネル・メッシがヘディング弾を沈め、バルサが先制に成功する。ところが38分にセルタにスコアをタイに戻されると、83分にはクレマン・ラングレが退場処分に。終了間際にセルタに逆転弾を決められ、バルサが1-2で敗れ優勝の可能性が消滅した。

ジダン監督、今シーズン限りでレアル退任を示唆「変化の時は来る」

アスレティック・ビルバオ vs レアル・マドリード
 今節の結果次第でアトレティコ・マドリードの優勝が決まってしまうレアルは、難攻不落のサン・マメスで苦戦を強いられる。それでもレアルは68分に、ショートコーナーから相手を揺さぶるとカゼミーロがペナルティエリア右から低い弾道のクロスを供給。ナチョに当たってゴールに吸い込まれ、1-0でレアルが勝利をもぎ取り優勝に向け最終節に臨む。

Photo David Ramos
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる