決勝の舞台で若手が躍動!ユベントスが史上最多14回目のコッパ・イタリア制覇!

 19日にコッパ・イタリア決勝が開催され、アタランタとユベントスがマペイ・スタジアムで激突した。

ブッフォンが今シーズンいっぱいでユベントスを退団 オファー次第で現役続行も「一つのサイクルが終わった」

 58年ぶり2度目の優勝を目指すアタランタと、史上最多コッパ・イタリア制覇更新を目論むユーベ。意地とプライドを懸けた大一番は、百戦錬磨のユーベが仕掛ける。31分にゴール前のこぼれ球をウェストン・マッケニーが拾い、ラストパスを供給。デヤン・クルセフスキがペナルティエリア内からコントロールショットを沈め、ユーベが貴重な先取点を奪う。しかしリードは長くは続かず、41分にルスラン・マリノフスキに強烈な一撃を食らい、同点で試合を折り返す。

2ndレグはスコアレス!ユベントスが2戦合計でインテルを上回りファイナル進出!

 激しい熱戦となった決勝は、後半に入るとユーベが主導権を握る。73分にフェデリコ・キエーザが左サイドからカットインすると、クルセフルスキとのパス交換でペナルティエリア内に進入。左足で冷静に流し込み、ユーベが勝ち越し弾をゲットする。その後は最後までリードを守り切り、2-1でユーベが勝利。コッパ・イタリア史上最多14回目の優勝を達成した。

Photo Marco Rosi
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる