伊東フル出場のヘンクが三好所属アントワープを4発粉砕! クラブ・ブルージュは2シーズン連続17度目の優勝

 ジュピラー・リーグのプレーオフ第5節が20日に開催され、伊東純也が所属するヘンクと三好康児のロイヤル・アントワープが激突。クラブ・ブルージュがアンデルレヒトとの一戦に臨んだ。

U-24日本代表メンバー発表!OA枠に吉田、酒井、遠藤を選出

ヘンク vs ロイヤル・アントワープ
 日本人2選手がスタメンに名を連ねた同カードは、43分に伊東がドリブルを仕掛けると、こぼれ球に反応したクリスチャン・トルストベットが先制点をゲットする。さらに後半開始早々47分に伊東を起点にトルストベットがネットを揺らすと、64分にトルストベットが冷静に流し込みハットトリックを達成。75分にもヘンクがダメ押し弾を沈め、4発大勝で日本人対決は伊東に軍配が上がった。

今シーズン32得点を叩き出した伊東同僚FW ファンと公言するアーセナル移籍を熱望

アンデルレヒト vs クラブ・ブルージュ
 ヴァンサン・コンパニが指揮するアンデルレヒトの敵地ロットパークに乗り込んだクラブ・ブルージュは、13分にハンス・ヴァナケンが先制弾を奪取。前半アディショナルタイムに同点に追い付かれるものの、54分と57分に立て続けにネットを揺らす。その後アンデルレヒトの猛追に遭い3-3のドローに終わったクラブ・ブルージュは、プレーオフ最終節を残し2シーズン連続17度目のリーグ優勝が決定した。

Photo BSR Agency
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる