ヴァイナルダム退団濃厚のリバプール バーゲン価格でラムジー獲得か

 リバプールは今夏の移籍市場で、ユベントスのアーロン・ラムジーをバーゲン価格で獲得を狙っている。

ラムジーが今夏プレミア復帰?リバプールがヴァイナルダムの後釜にピックアップ

 イタリア『Tutto Juve』によると、リバプールはジョルジニオ・ヴァイナルダムのバルセロナ移籍が濃厚となっていて、今夏の移籍市場で中盤の補強を画策。ラムジーに移籍金1000万ポンド(約15億円)のオファー提示を検討していると報じた。アーセナルからフリーでラムジーを獲得したユーベは、放出の場合は1700万ポンド(約23億円)程度の移籍金を要求していたが、コロナウイルスの影響で状況に変化。コスト削減を強いられ、週給12万ポンド(約1800万円)を受け取ってるいるラムジーを放出リストに挙げていて、残留の場合も現在残っている2年契約の期間短縮を考慮している。

Photo Gabriele Maltinti
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる