プレミアもいよいよラスト!CL出場の切符を掴むのはどのクラブか 〜最終節プレビュー〜

 長かった今シーズンのプレミアリーグもついに最終節を迎える。優勝や降格は決まったものの、未だ確定していないのがUEFAチャンピオンズリーグ出場権だ。2枠を3チームが争い、試合後に笑ってるのはどのクラブか。

自宅に優勝メダルを飾らないランパード、二日酔いで失くした過去を回顧「靴を整理してたら…」

アストン・ビラ vs チェルシー
 チェルシーはリーグ戦アウェイでビラに3連勝で、今節も勝利すれば1995年〜1999年以来の4連勝となる。またチェルシーがシーズン最終戦ここ9年で敗れたのは、2017-18シーズンのニューカッスル・ユナイテッド戦だけだ(6勝2分)。ジョルジーニョはプレミアでチーム内トップスコアラーとなっていて、7ゴール全てPKで挙げている。

リバプールが敵地で3発快勝!得失点差でレスター抜き4位浮上!

リバプール vs クリスタル・パレス
 パレスにリーグで圧倒しているリバプールは、7連勝で合計22得点を記録。今シーズン前半の対戦では南野拓実のゴールなど7発大勝を収めている。また、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネのトリオはパレス戦を得意としており、3人で19得点を奪取。これは対アーセナルに次いで多い数字だ(20ゴール)。

モーガンが今シーズン限りで現役引退を表明!“レスター奇跡の優勝” に貢献した偉大なキャプテン

レスター・シティ vs トッテナム・ホットスパー
 最終節では2008-09〜2014-15で7連勝していたレスターだが、直近5シーズンで勝てていない(3分2敗)。またレスターは今シーズンのリーグ戦でどのクラブよりも長くトップ4に留まっていたが(242日)、『Opta』のデータでは4位フィニッシュを逃す可能性が74.9%と判定されている。キーマンはケレチ・イヘアナチョで、2月のリーグ初得点から12ゴールとハイペースで量産中だ。

Photo Getty Images Sport
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる