ドジャース6連勝 筒香は代打で登場するもライトフライ

【ドジャース6-3ジャイアンツ】@オラクル・パーク

 ドジャースはパドレスと並んでナ・リーグ西部地区の首位に立つジャイアンツを6対3で破り、これで6連勝。ナ・リーグ西部地区はマリナーズを破ったパドレスが8連勝で単独首位に立ち、2位に並んだドジャースとジャイアンツが1ゲーム差でそれを追うという構図になった。ドジャースの筒香嘉智は3点リードの9回表に投手の代打として登場。2球目を打ってライトフライに倒れ、1打数0安打で今季の打率は.159、OPSは.449となっている。

 ジャイアンツの先発は2016年以来5年ぶりのメジャー復帰となる37歳のスコット・カズミアーだったが、ドジャースは1回表二死からマックス・マンシーの9号ソロで先制。カズミアーが4回55球2安打1失点で降板したあとの5回表にはオースティン・バーンズの1号ソロでリードを広げ、7回表にマット・ベイティのタイムリー二塁打とDJ・ピータースのタイムリーでさらに2点を追加した。

 ドジャース先発のウォーカー・ビューラーは7回裏にアレックス・ディッカーソンのタイムリーで1点を失ったものの、7回6安打1失点の好投。ドジャースは8回表にアルバート・プーホルスのタイムリーとバーンズのスクイズで2点を追加し、8回裏に2番手のアレックス・ベシアがバスター・ポージーに9号2ランを浴びたものの、3点リードの最終回はクローザーのケンリー・ジャンセンが三者凡退に抑えて6対3で逃げ切った。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版し、同年からライター業をスタート。現在はウェブや雑誌でMLBの記事を執筆する傍らSPOZONEのMLB中継で解説も務める。

目次
閉じる