堂安ダメ押し弾でビーレフェルト残留決定!大迫出場のブレーメンは41年ぶり2部降格…

 ブンデスリーガ第34節が22日に行われ、堂安律と奥川雅也が所属するアルミニア・ビーレフェルトが遠藤航擁するシュツットガルトと激突。大迫勇也のヴェルダー・ブレーメンはボルシア・メンヒェングラートバッハをホームに迎えた。

遠藤鮮やかミドルでシュツットガルトが逆転勝利!レバンドフスキがリーグ歴代最多タイの40得点目

シュツットガルト vs アルミニア・ビーレフェルト
 遠藤が累積出場停止で日本人対決は叶わなかった最終節は、スコアレスで折り返した66分にファビアン・クロスのPK弾でビーレフェルトが先制に成功する。すると6分後に堂安がペナルティエリア内でドリブルを仕掛け、DFを二人交わして冷静に流し込み追加点をゲット。2発快勝で勝ち点3を獲得したビーレフェルトが、15位に浮上して1部残留が決定した。

U-24日本代表メンバー発表!OA枠に吉田、酒井、遠藤を選出

ヴェルダー・ブレーメン vs ボルシア・メンヒェングラートバッハ
 勝てばストレート降格が無くなるブレーメンは、開始3分にボルシアMGにいきなり失点。52分にマルキュス・テュラムに追加点を喫すると、大迫投入後も流れが変わらず、58分と67分にさらにゴールを許してしまう。80分から3分間で2ゴールを叩き出すものの、逆転には至らず2-4で敗戦。ブンデスリーガ優勝経験もある名門ブレーメンが、41年ぶり2部降格となった。

Photo Thomas Niedermueller
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる