“神の子”トーレスが現役復帰⁉︎ 28日に詳細発表へ「ピッチに戻ることにした」

 元サガン鳥栖のフェルナンド・トーレスは、SNSで再びピッチに立つ決意をしたと発言した。

トーレスの肉体改造計画が進行中!ジムで鍛えた筋肉隆々の上半身を披露

 37歳トーレスは自身のInstagramで、謎めいたメッセージを投稿。「私の人生を理解する唯一の方法はプレーすること。だから私は戻ることにした」と綴り、「3日後の金曜にどこでプレーするか伝えるよ」と仄めかした。“エル・ニーニョ(神の子)”の愛称で親しまれているトーレスは、2001年にアトレティコ・マドリードでプロデビューを果たすと、2007年にリバプール移籍。その後はチェルシーやACミランでプレーし、2019年8月に盟友アンドレス・イニエスタ擁するヴィッセル神戸戦を最後に現役を引退した。スパイクを脱いで2年近く経った今、キダイのストライカーは再びピッチに立とうしている。

Photo Masashi Hara
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる