EL制覇のカギは“カンプ・ノウの奇跡”⁉︎ スールシャール監督「サブには重要な役割があると伝えておく」

 マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、“カンプ・ノウの奇跡”を教訓にUEFAヨーロッパリーグ制覇を目指すと語った。

【EL決勝プレビュー】スールシャール政権初タイトルを狙うマンU! “Mr.EL”エメリ監督を攻略できるか

 2018年にジョゼ・モウリーニョの後任としてマンU指揮官に就任したスールシャールは、低迷していたチーム再建に成功。今シーズンは2013年にサー・アレックス・ファーガソンが退任して以来プレミアリーグ最高位タイの2位フィニッシュ、さらにアウェイ無敗の快挙を成し遂げた。

【チャンピオンズリーグ】プレミアvsブンデス!欧州での戦いの歴史

 スールシャールは選手時代、1998-99シーズンUEFAチャンピオンズリーグ決勝バイエルン・ミュンヘン戦で81分から途中出場。91分にテディ・シェリンガムが同点弾を挙げると、2分後にスールシャールがゴールを決め、2-1で大逆転勝利を収めシーズン3冠を達成した。スールシャールはUEL決勝前会見で、“カンプ・ノウの奇跡”から学んだことを活かすと話した。「チームを信じて、自分の直感を信じるんだ。サブの選手には大きな役割があるかも知れないと言っておくよ。以前にもあったことだからね。ピッチに立つ選手には、この貴重な機会を楽しんでもらいたい」。

Photo Getty Images
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる