ビジャレアルがマンUを抑えEL初優勝!PK戦11人目まで及ぶ死闘を制す!

 UEFAヨーロッパリーグ決勝が26日に開催され、ビジャレアルとマンチェスター・ユナイテッドが激突した。

EL制覇のカギは“カンプ・ノウの奇跡”⁉︎ スールシャール監督「サブには重要な役割があると伝えておく」

 ポーランドのグダニスクで開催された今シーズンのEL決勝。過去4回の対戦ではいずれもスコアレスドローの同カードは、欧州の舞台で初の決勝進出となったビジャレアルが先に仕掛ける。29分に敵陣中央の左でFKを獲得すると、ダニエル・パレホがディフェンスラインの背後に浮き球のパスを供給。ジェラール・モレーノが体制を崩しながら右足で合わせ、劣勢だったビジャレアルが均衡を破る。

 リードして試合を折り返したビジャレアルだったが、終始押され気味だった状況が後半に入りさらに色濃くなる。すると55分に、CKのクリアボールにマーカス・ラッシュフォードが反応。ペナルティエリア手前からボレーシュートを放つと、DF、スコット・マクトミネイに当たり、最後はエディンソン・カバーニがネットを揺らし、ビジャレアルが同点に追い付かれてしまう。

【EL決勝プレビュー】スールシャール政権初タイトルを狙うマンU! “Mr.EL”エメリ監督を攻略できるか

 1-1で延長戦に突入した一戦は120分で決着がつかず、勝負の行方はPK戦に委ねられた。フィールドプレーヤー10人が互いに決めたPK戦は、先攻ビジャレアル11人目のGKヘロニモ・ルジが成功すると、後攻マンU11人目のGKダビド・デ・ヘアのシュートをルジが横っ飛びでセーブ。PKスコア11-10の死闘を制し、ビジャレアルがクラブ史上初のEL優勝を達成した。

Photo Janek Skarzynski – Pool
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる