ラ・リーガ会長、CL新フォーマット見直しを要求「国内リーグが崩壊する」

 ラ・リーガのハビエル・テバス会長は、UEFAチャンピオンズリーグの新フォーマット見直しを要求した。

CLフォーマット変更にペップやクロップが不満噴出!「やりすぎだ」

 先月欧州サッカー連盟(UEFA)は、2024-25シーズンから施行されるCL新フォーマットを発表。出場チームが32から36に変更され、4チームずつ8つのプールに分かれて行うグループステージ形式を廃止され、各チームはグループリーグで10試合を行う事となった。テバス会長は新フォーマットに難色を示し、欧州スーパーリーグ(ESL)の影響で議論の性質が変わったと苦言を呈している。

UEFAがCL新フォーマットを発表!2024-25シーズンから36チームに増加

「今回のESLの崩壊とショックで、UEFAもリーグも自分たちのエコシステムを守るのに前向きとなった。今回のCL新フォーマットで各リーグが心配しているのは、全国的な放映権の価値が共食いしてしまう事だ。ベストなのは予選8試合だ。私としては6試合でもいいと思うが、もし国内市場で崩壊がなければ、増やすことも出来るだろう」。

 Photo Jan Kruger
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる