デ・ブルイネ、チェルシーがCL制覇した9年前を問われ…「あんまり覚えてない」

 マンチェスター・シティのケビン・デ・ブルイネは、チェルシーに所属していた当時を語った。

グアルディオラが2度目のLMA最優秀監督賞を受賞!「選手やスタッフと分かち合いたい」

 デ・ブルイネはマンCに6年在籍し、9個のメジャータイトルを獲得。2012年2月にチェルシーに加入して同シーズンにはクラブがUEFAチャンピオンズリーグ優勝を果たしたものの、ヘンクにレンタル中だったデ・ブルイネは決勝の舞台に招集されなかった。インタビューで当時を聞かれたデ・ブルイネは肩をすくめ、試合をテレビで見たかどうかも覚えてないと振り返っている。

デ・ブルイネがクラブレジェンドの領域へ!マンCと2025年まで契約延長

「僕はミュンヘンの地に招待されなかったと思う。正直なところあんまり覚えてないんだ。CL決勝は見る時もあれば見ない時もある。その時の状況によるから覚えていないよ。でもチェルシーに悪い感情は持ってないよ。自分の人生の一部で起こったことだからね。ヘンクやドイツでレンタルでプレーして、選手としては大きく成長したよ。チェルシーに戻った後はあまりプレーできなかったから自分で決断したんだ。あの時の出来事が悪かったとは思ってない」。

Photo Richard Heathcote
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる