ハベルツが値千金の決勝弾!チェルシーが完封勝利で9シーズンぶり2回目のCL王者に!

 UEFAチャンピオンズリーグ決勝が29日に開催され、マンチェスター・シティとチェルシーが激突した。

【CL決勝プレビュー】2年ぶり決勝でプレミア勢対決!ビッグイヤーを掲げるのはマンCか、チェルシーか…

 2年ぶりとなったイングランド勢によるCL決勝。コロナウイルスの影響でポルトガルのエスタディオ・ド・ドラゴンに会場が変更された一戦は、ポゼッションで勝るマンCとカウンターを狙うチェルシーの構図が浮き彫りになる。すると42分に、メイソン・マウントが自陣からディフェンスラインの背後にスルーパスを供給。抜け出したカイ・ハベルツがGKを交わすと、無人のゴールに流し込みチェルシーが均衡を破る。

デ・ブルイネ、チェルシーがCL制覇した9年前を回顧「あんまり覚えてない」

 後半に入ると、攻めるマンC守るチェルシーの展開が顕著化。さらにケビン・デ・ブルイネが負傷交代となったことで、両チームがシステムを少しずつ変えてより一層激しさを増す。その中で輝きを放ったのは、チェルシーのエヌゴロ・カンテ。豊富な運動量と高いボール奪取能力でマンCの攻撃を封じ、チェルシーが虎の子の1点を守り切りタイムアップ。1-0で勝利したチェルシーが、9シーズンぶり2回目のCL制覇を成し遂げた。

Photo Pierre-Philippe Marcou – Pool
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる