【CL決勝レーティング:マンC】攻撃陣が沈黙…中盤では存在感を消す選手が続出

 ポルトガルでのUEFAチャンピオンズリーグは両チームの思惑が色濃く表れ、チェルシーのカウンターは調子の上がらないマンチェスター・シティには勿体ないほどだった。出場した選手の採点は以下の通りだ。

ハベルツが値千金の決勝弾!チェルシーが完封勝利で9シーズンぶり2回目のCL王者に!

マンチェスター・シティ
エデルソン 6
 ハベルツのゴールを非難することは出来ないが、手を使ってブロックしようとした事からレッドカードが出てもおかしくなかった。

カイル・ウォーカー 7
 まずまずの出来。序盤にマハレズへの絶好のチャンスを創出したが、この様な的確な攻撃参加は今試合で最初で最後だった。マンC全体に言える事だが、あまりにも遅すぎた。

ジョン・ストーンズ 6
 緊張した様子で、ゴールシーンでは完全に裏を突かれた。後半は主に観客となっていたが、忘れられない夜となっただろう。

ルベン・ディアス 6
 何度が決定機をブロックしたが、直接は関与していないもののゴールシーンではヴェルナーの動きに引きずられた。

オレクサンドル・ジンチェンコ 4
 悪かった。序盤に効果的なタックルでハベルツを防いだが、失点の場面はお粗末なものだった。マウントのラストパスは絶妙だったが危機を察知するのが遅く、チェイシングも遅かった。

イルカイ・ギュンドアン 4
 ペップが今シーズン2度目となる、ギュンドアンのアンカー配置。落ち着きを失い荒いプレーが目立ち、カンテとのコントラストはこれ以上にないほど際立っていた。

ベルナルド・シウバ 3
 彼に何が起きたのか。ビルドアップの時は中央右MFとして、守備にはピボットとしてプレーしたがいずれの状況でも頑固な程にその場に張り付き、印象的な攻撃も守備もなかった。ペップも自身のミスを認め、60分に交代された。

リャド・マハレズ 5
 チェルシーの5人のディフェンスラインを引き伸ばそうと、タッチラインを陣取ってプレー。しかしチルウェルに動くを制限され、試合に影響を与えることはなかった。ポジションを入れ替えたりFWの枚数を増やすなどやりようはあった筈だが、最後まで交代されなかったのは奇妙だった。

ラヒーム・スターリング 4
 2度ほどゴール前でウイングバックを出し抜く場面があったが、タッチが甘くその瞬間を逃してしまった。今年に入ってから平凡な選手に留まり、EUROでのイングランド代表でもスタメン起用されるかは微妙だ。

フィル・フォデン 5
 期待外れだった。前半に惜しくもリュディガーのタックルに阻まれたが、意味にあるシーンはそれだけ。チームの助けになっただろうか。後半最後の15分に気を吐いたものの、今シーズンの活躍を見れば十分でなかったことは明らかだ。

ケビン・デ・ブルイネ 6
 豪華なシーズンの終わりは、悲しくも辛いものだった。リュディガーとの激しい接触で、涙を流しながらピッチを去っていった。ベストな状態では無かったにしろ、プレミアで最も効果的なプレーをする選手が機能しなかったのは不思議でならない。

控え
ガブリエウ・ジェズス 6
 負傷したデ・ブルイネに代わって出場。エネルギーを供給したが、切れ味はなかった。

フェルナンジーニョ 6
 先発から出場すべきだった。

セルヒオ・アグエロ 5
 活躍するには十分な時間が与えられなかった。

Photo David Ramos
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる