横浜FMポステコグルー監督、セルティック指揮官就任の噂に言及「“もしも”に答えるつもりはない」

 横浜Fマリノスのアンジェ・ポステコグルー監督は、セルティックの次期監督候補に浮上している。

新監督探しに奔走するセルティック 昨年ボーンマスを退任したハウに接触

 ニール・レノンの後釜を探すセルティックは最有力候補だったエディー・ハウとの交渉が決裂し、新たにスポーツディレクターに就任するファーガル・ハーキン氏が55歳ポステコグルーを推薦。同監督が標榜するハイプレスと攻撃的なサッカーに魅了され、早ければ今週中に契約締結の可能性もあるようだ。ポステテコグルー監督はオーストラリアのAリーグで2つのタイトルを獲得し、2013年にオーストラリア代表監督に就任。4年間で2014年FIFAワールドカップ出場や、2015年アジアカップ優勝を成し遂げている。

“英国スーパーリーグ”誕生か セルティックとレンジャーズを加えた新フォーマットを検討

 2018年から横浜FM指揮官となったポステコグルーは、翌年にJリーグ優勝を達成。清水エスパルス戦後、将来を問われたポステコグルーは明言を避けている。「私を知っている人は、私が目の前の事に集中していると理解しているだろう。将来についていくつか憶測が流れているのは知っているが、ずっと前に世界で起こる“もしも”に関して考えるのをやめた。この2、3日はいいプレーに集中している」。

Photo Masashi Hara
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる