セルティック監督就任が近づくポステコグルー 元教え子は成功に太鼓判「ファンは喜ぶと思う」

 元レンジャーズのマット・マッカイは、恩師アンジェ・ポステコグルー監督のセルティック指揮官就任に太鼓判を押した。

横浜FMポステコグルー監督、セルティック指揮官就任の噂に言及「“もしも”に答えるつもりはない」

 セルティックはポステコグルーのオーストラリアや日本での成功に感銘を受け、新監督招聘に向け交渉を開始。来週中には契約が成立する可能性がある。マッカイはブリスベン・ロアーFCやオーストラリア代表でポステコグルーの下でプレーした経験があり、攻撃的なサッカーはセルティックファンをすぐに納得させるだろうと『SkySports』で語った。

“英国スーパーリーグ”誕生か セルティックとレンジャーズを加えた新フォーマットを検討

「オーストラリアの監督やサッカーを評価しない人もいるかもしれないけど、彼は挑戦することが好きだし人々が自分を疑っていることも喜んでいると思うよ。セルティックは大規模な再建を必要としているから、彼がそこに入って時間をかければポゼッションベースのダイレクトな攻撃スタイルが浸透するだろう。相手が6点取っても、自分のチームが7点取ればいいと思っているからね。彼は自身のキャリアを通してそうしてきた。スコットランドのサッカーを知っている私からすると、ファンは喜ぶと思うよ」。

Photo Etsuo Hara
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる