L・ギャラガーがマンCのCL決勝敗北に落胆…元マンUのエブラが盛大に煽る「次は君が悲しむ番だ」

 元マンチェスター・ユナイテッドのパトリス・エブラは、UEFAチャンピオンズリーグ決勝でマンチェスター・シティが敗れた後、オアシスのリアム・ギャラガーを盛大に煽っている。

【プレミアリーグ】シティの大ファンであるL・ギャラガー、SNSでリバプールサポーター怒らす

 ポルトで行われたCL決勝では、チェルシーが前半にカイ・ハベルツのゴールで先制。結局これが決勝点となり、ファイナル初進出のマンCが0-1で敗北となった。L・ギャラガーは決勝戦を観戦するためにポルトガルまで訪れたが、マンCがビッグイヤーを掲げられず落胆。エブラはこの様子を最大限に利用し、L・ギャラガー風のカツラとサングラスを着けて、Twitterで挑発した。

グアルディオラが束の間の休息を満喫 葉巻を吸ってオアシズを熱唱

 投稿された動画では、オアシスのヒット曲『ワンダーウォール』を流し、「リアム、どこにいるんだ?マンUが負けた時に笑っていたのを覚えているかい?今度は君の番だよ」とコメント。「嫉妬しないで。共有したいだけなんだ。リアムのための特別な月曜日だ。あと“マンチェスターは青い”って言うのやめてくれ。私は君のクラブよりも多くトロフィーを持っているんだ」と続けている。

Photo Samir Hussein
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる