レバンドフスキ、今後数年の過密日程に警告「選手はロボットじゃない」

 バイエルン・ミュンヘンのロベルト・レバンドフスキは、今後数年続く過密スケジュールにより選手たちが最高のパフォーマンスを発揮できなくなると警告した。

ラ・リーガ会長、CL新フォーマット見直しを要求「国内リーグが崩壊する」

 32歳レバンドフスキは昨年5月にコロナウイルスの影響からリーグが再開されて以来、クラブと国で60試合に出場。ブンデスリーガではゲルト・ミュラーが持つシーズン最多得点記録を更新した。しかしレバンドフスキは、UEFAチャンピオンズリーグの試合数増加や国際大会による過密日程を懸念し、選手やファンにとって悩ましい事態となると『The Times』で語っている。

CLフォーマット変更にペップやクロップが不満噴出!「やりすぎだ」

「多くの人は、僕らが人間であり機械でない事を忘れている。サッカー界にとっても、若い選手にとっても大きな問題となるだろう。おそらく今後2年間は非常に多くのビッグゲームをこなすからだ。ファンにとっても試合数が多いと退屈になる。試合を長く待つことで期待感が増し、この時を待っていたという気持ちになるからだ。ゲームの質も下がるだろう。これだけの試合数で質を保つのは不可能だ」。

Photo Pool
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる