兄弟対決はA代表に軍配!盤石の試合運びでU-24代表に3発快勝!

 3日にキリンチャレンジカップ代替試合が開催され、日本A代表とU-24日本代表が相対した。

南野6戦連発、大迫が5得点と大暴れ!日本代表が10ゴール大勝で最終予選進出!

 ジャマイカ代表がPCR検査の陰性証明書に不備があったとして日本入りできず、急遽組み合わせが決まった同カード。史上初の兄弟対決は、A代表が試合巧者ぶりを発揮する。開始2分に右CKを獲得すると、ニアで大迫勇也がフリック。橋本拳人が押し込み、A代表がいきなりスコアを動かす。さらに41分には南野拓実のポストプレーから鎌田大地が左足で流し込み、A代表が2点のリードを得る。

U-24日本代表メンバー発表!OA枠に吉田、酒井、遠藤を選出

 後半に入ってもA代表のが試合を優位に進め、ディティールの差が色濃く現れる。すると52分に左サイド敵陣深くから伊東純也がグラウンダーのクロスを供給。途中出場の浅野拓磨がシュートを放つと、GKが弾いたボールを再び浅野が押し込み、決定的な3点目を奪う。イレギュラーな形で実現した兄弟対決は、A代表が3発快勝で貫禄を見せつけた。

Photo Etsuo Hara
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる