ベルギー、T・アザール弾で先制もギリシャと引き分け スイスが攻撃陣躍動で7発完勝

 3日に国際親善試合が行われ、ベルギーがギリシャと対戦。スイスがリヒテンシュタインをホームに迎えた。

プレミア復帰が囁かれるルカク…来季インテル残留を主張「ここに残る」

ベルギー vs ギリシャ
 EURO優勝候補のベルギーは不安定な立ち上がりから落ち着きを取り戻すと、20分にヤニック・カラスコがペナルティエリア左から左足でクロスを供給。トルガン・アザールが右足で合わせ、ベルギーが先制点をゲットする。リードして試合を折り返したベルギーだったものの、66分にギリシャに同点弾を献上。追加点は生まれず、ベルギーが1-1のドローに終わった。

アンリがベルギー代表アシスタントに復帰!「断れる筈がないチャンスだった」

スイス vs リヒテンシュタイン
 マリオ・ガブラノビッチのゴールで先制したスイスは、後半に入り攻撃陣が躍動。46分にクリスティアン・ファスナハトがネットを揺らすとOGで追加点をゲット。70分に再びファスナハトが得点を挙げ、75分から4分間でガブラノビッチが立て続けにゴールを決めてハットトリックを達成する。85分には途中出場エジミウソン・フェルナンデスがダメ押し弾を沈め、スイスが圧巻7発で大勝した。

Photo BSR Agency
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる