顔面骨折のデ・ブルイネがEURO初戦を欠場…ベルギー代表監督が明かす「今答えを出すのは早すぎる」

 ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督は、ケビン・デ・ブルイネはEURO2020開幕戦に間に合わないと語った。

CL決勝で涙の負傷交代となったデ・ブルイネ…鼻骨と左眼窩の骨折が明らかに「大丈夫。また戻ってくる」

 29戦デ・ブルイネはUEFAチャンピオンズリーグ決勝チェルシー戦で、アントニオ・リュディガーと激しく衝突。翌日の朝、メディカルディックで鼻骨と左眼窩の骨折が確認された。手術の必要はないものの、いつ復帰できるかは未定のまま。ピッチに立つ際にはフェイスマスクを装着する事となり、マルティネス監督は12日に行われるロシアとの初戦は欠場すると伝えている。

デ・ブルイネ、チェルシーがCL制覇した9年前を回顧「あんまり覚えてない」

「デ・ブルイネは初戦には間に合わないだろうから、彼に代わる選手は準備できているのを示さなければならない。彼のマスク着用が決定し、ヴェルトンゲンのマスクを作ったプロデューサーが担当する。来週にならないとケビンの状態は正確にはわからない。いつになるか分からないし今答えを出すのは早すぎる。メディカルスタッフから許可を得ないといけない」。

Photo Michael Steele
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる