【なでしこリーグ1部】ニッパツ横浜や大和Sがホームでドロー S世田谷は中山弾で完封勝利

 プレナスなでしこリーグ1部第11節が5日に行われ、ニッパツ横浜FCシーガルズとアンジュヴィオレ広島が激突。大和シルフィードがASハリマアルビオンと、スフィーダ世田谷SCがNGUラブリッジ名古屋との一戦に挑んだ。

【なでしこリーグ1部】オルカが完封で首位伊賀FCに大金星!ASハリマが2連勝、アンジュは辛くもドロー

ニッパツ横浜FCシーガルズ vs アンジュヴィオレ広島
 2戦負けなしでトップ2チームに食らいつくニッパツ横浜は、神奈川にある保土ケ谷公園サッカー場で試合を優位に進める。高いポゼッションでチャンスを創出してファイナルサードに進入するものの、アンジュの固い守備を最後まで破れずタイムアップ。スコアレスドローで勝ち点1を分け合った。

大和シルフィード vs ASハリマアルビオン
 最下位の大和Sはキックオフから40秒経たない頃、右サイドから送られたクロスに榎谷岬が頭で合わせ、電光石火の先制点をゲットする。このまま勝利かに見えた82分、CKからASハリマに痛恨の同点弾を献上。1-1の劇的ドローに終わり、大和Sの今シーズン初勝利とはならなかった。

スフィーダ世田谷SC vs NGUラブリッジ名古屋
 スコアレスで試合折り返したS世田谷は、78分に金子ゆいがディフェンスラインの背後にスルーパスを供給。途中出場の中山さつきが抜け出し、ゴール右隅に流し込み、S世田谷が均衡を破る。結局この1点が決勝弾となり、S世田谷が完封勝利で2試合ぶりの白星を手にした。

Photo Hiroki Watanabe
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる