ラメラがプレミア年間最優秀ゴールを受賞!アーセナルとのダービーで絶技ラボーナ披露

 トッテナム・ホットスパーのエリク・ラメラは、アーセナル戦で決めた得点でプレミアリーグの『ゴール・オブ・ザ・シーズン』を受賞した。

数的優位のアーセナルがダービーで逆転勝利!マンUは上位対決制しプレミア2連勝!

 ラメラは今年3月に行われたアーセナルとの“ノースロンドン・ダービー”で前半に途中出場を果たすと、33分にDFに囲まれながらも右足の裏から左足でシュートを放つラボーナを披露。プレミアリーグで決めた唯一の得点が、シーズン年間最優秀ゴールに選出された。ラメラがラボーナで決めたのはアーセナル戦が初めてではなく、2014年10月にホワイト・ハート・レーンで行われたUEFAヨーロッパリーグのアステラス・トリポリス戦でも同様のゴールを記録。また同賞はトッテナムの選手が2年連続受賞となり、2019-20シーズンではバーンリー戦で見せたソン・フンミンの単独ゴールが選ばれている。

Photo Julian Finney
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる