モウリーニョがGK獲得を熱望 古巣トッテナムからロリス引き抜きを画策

 ASローマのジョゼ・モウリーニョ監督は新GK獲得を熱望し、古巣トッテナム・ホットスパーのユーゴ・ロリスら複数選手をピックアップしている。

モウリーニョとC・ロナウドがローマで再会⁉︎ “重戦車”ヴィエリが大胆予想

 イタリア紙『ガゼッタ・イタリア』によると、モウリーニョはローマを指揮するにあたり新たな守護神招聘を望んでいると報道。4月まで指揮を執っていた古巣トッテナムから、34歳ロリスをトップターゲットに挙げていると報じた。ロリスは2012年にトッテナム移籍を果たし、通算373試合に出場。今シーズンもプレミアリーグ全試合でピッチに立ち、イタリアの首都で“スペシャル・ワン”と共演するかも知れない。またモウリーニョはロリスを逃した場合、ウォルバーハンプトンのルイ・パトリシオやユベントスのヴォイチェフ・シュチェスニーをリストアップしているようだ。

Photo Clive Rose
編集部 N