【EURO展望:グループA】好調イタリア本命も曲者が揃う魅力的な組に

 監督交代が大成功して絶好調を維持しているイタリアが、グループAの大本命。ただトルコやウェールズ、そしてスイスなど曲者が揃い、ある意味最も予想しづらいグループだ。

スペインとポルトガルの好カードはスコアレス!好調イタリアは圧巻の4発快勝

イタリア

大舞台でも好調維持なるか
2018年ワールドカップ出場を逃したイタリアは、ジャンピエロ・ヴェントゥーラの後任にロベルト・マンチーニを招聘すると状況が劇的に変化。予選10戦全勝でEURO本戦出場を果たし、勝率は歴代の監督でも最高の数字だ。絶好調のアズーリは、大舞台でも強さを示せるか。

監督
ロベルト・マンチーニ
2018年からイタリア代表を指揮するマンチーニは、予選で3試合を残してEURO出場権を獲得。昨年11月には10連勝で歴代最多記録を更新し、アウェイでも6連勝という偉業を成し遂げた。

キープレイヤー
チーロ・インモービレ
ラツィオのストライカーは、クラブでの活躍を代表で再現するのに苦労している。セリエA過去5シーズンで平均25ゴールをマークする31歳インモービレは、代表では45キャップで12得点に留まり、そのほとんどは格下に挙げたものだ。今大会で彼の真価が問われるだろう。

トルコ

強みの堅守で今大会ダークホース
予選ではW杯王者フランスから4ポイントを奪取したものの、惜しくも首位通過を逃したトルコ。8回のクリーンシートに失点わずか3と、ディフェンスが最大の強みだ。ベテランのブラク・ユルマズの活躍にユスフ・ヤズズが呼応すれば、今大会を賑わす存在になるかも知れない。

監督
シェノール・ギュネシュ
2002FIFA日韓ワールドカップでトルコを3位に導いたのがこの監督。ベジクタシュでリーグタイトルを2回獲得しており、19年前のインパクトを再び与えることが今大会の目標だ。

キープレイヤー
ゼキ・チェリク
リーグ・アンでリールを優勝に導いたチェリクは、今夏にプレミアリーグ挑戦が囁かれる機体の新星。不動の右サイドバックとなりつつあり、サイドの攻防で優位に立つにはチェリクの出来が求められる。

スイス

懸念は主力選手のコンディション
直近のリヒテンシュタイン戦で7発大勝を飾り、公式戦6連勝を達成したスイス。ただこの間に戦った顔ぶれを見ると、彼らがフラット・トラック・ビルリー(弱いものいじめ)だった事がわかる。クラブで煮え切らないシーズンを過ごした主力選手の出来が、グループ突破の鍵を握るだろう。

監督
ウラジミール・ペトコビッチ
スイスやイタリアのクラブで監督を務めてきた57歳ぺトコビッチは7月でスイス代表就任丸7年となる。前回EUROやW杯でベスト16に導いた知将は、揺るぎない信念を持ってステップアップを目指す。

キープレイヤー
リカルド・ロドリゲス
ウィングバックのみならず3バックの一角を務めるロドリゲスは、左サイドで安定した供給力を発揮。セットプレーで高精度のボールを送る飛び道具で、ライバルに脅威を与えたい。

ウェールズ

前回の偉業再現は難しいが…
2016年の大躍進を再び行うのは不可能かも知れないが、これまでの主力にエキサイティングな若手が加わった。ダニエル・ジェームズやイーサン・アムパドゥはチームに大きな厚みをもたらしてくれるだろう。

監督
ロバート・ペイジ
ライアン・ギグスの後任として暫定監督を務めるペイジは、世代別で代表を率いた経験を持つ。大会数ヶ月前に起きた負の影響をプラスに変えることがでいるか、注目だ。

キープレイヤー
ガレス・ベイル
チーム成功の鍵は、やはりこの男の出来で左右されるだろう。年齢からもウェールズ代表で最後の大舞台となる可能性が高く、結果を残して立派に代表引退を表明したい。

Photo Jonathan Moscrop
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる